[Unity]Unityでライフゲームを作ってみた

無題
Pocket

勉強がてら、Unityでライフゲームを作ってみました。

かなりシンプルなコードですが、眺めてるとなんとなく癒されます。

無題

 

モデルを定義

ライフゲーム用のモデルを定義します。

Unityに依存しない部分なので、MonoBehaviourは継承しません。

 

縦幅、横幅、セル配列を定義します。

状態を更新する際に一旦配列を複製する必要がありますが、毎度配列を用意していると結構重たいので、メンバ変数として持っておきます。

 

コンストラクタで変数を初期化し、ランダムにセルを配置しておきます。

 

更新処理では隣接するセルの数を数え、過疎、過密、誕生を実装しました。

 

 

ビューを定義

次に、ライフゲーム用のビューを定義します。

セルの数だけSpriteを用意するとかなり重くなってしまうので、Texture2Dに直接書き込んでレンダリングします。

モデル、描画用のテクスチャ、テクスチャ更新用の色配列を定義。

 

 

 

Startメソッド内でMeshRendererを取得し、テクスチャを差し替えます。

 

更新処理ではモデルの更新を行ったあと、情報をテクスチャに書き込みます。

 

全文

モデル

 

ビュー

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

(Required)

Proudly powered by WordPress   Premium Style Theme by www.gopiplus.com