[Unity]シェーダーについて勉強したい時に、まず見るべきサイトをまとめてみた

無題
Pocket

友人から、「シェーダーをやってみたいけど、どこから手を付けたら良いのかがわからない」と言われたので、

自分がシェーダーを勉強する際に参考にしたサイトをまとめてみました。

 

1) とにかく動かしてみたい!という人向け

シェーダーを始めたばっかりだけど、どうやったら動くの?という人向けなサイトです。

 

・凹みTips

基礎から始まり、レイマーチングによるボリュームレンダリングなどマニアックな処理まで解説してくれているブログです。

 

・ゲームつくろー!

Unityのシェーダーの基礎について分かりやすく解説してくれているサイトです。

また、このサイトのUnityカテゴリ以外もかなり参考になると思います。

ゲームつくろー!Unity編

 

2) Unityのシェーダーについて深く知りたい人向け

基礎は分かったので、少しいじくりまわしてみたい人向けのリファレンスです。

 

・Unity – マニュアル: シェーダーリファレンス

UnityではHLSL/CGを拡張したShaderLabという環境を用いてシェーダーを書きます。

ShaderLabの仕様について最もよく解説されているのが、この公式マニュアルです。
Unity – マニュアル: シェーダーリファレンス

・HLSLのリファレンス

シェーダーを直接書くときに使うHLSLの文法が乗っています。

分からない命令があった時は、ここの中を検索すると大抵出てきます。

HLSLのリファレンス

 

3) シェーダーを応用したテクニックを知りたい人向け

Unityとは関係ありませんが、シェーダーに対する理解を深め、自分でゼロからシェーダーを作ってみたい人にオススメなサイトです。

 

・wgld.org

WebGLを用いて、基礎から応用まで詳しく解説してくれているサイトです。

特に、後半のGLSLに関する記事はかなりマニアックなので、一見の価値があります。

wgld.org

・t-pot

シェーダーといえばココ!というほど有名なサイトです。

非常に網羅性が高く、最適化や、より良く見せるのためのテクニックも解説されています。
t-pot

 

・3Dゲームファンのためのグラフィックス講座

実際のゲームで使われた技術について、実際のインタビューから書き起こされている記事です。

有名なゲームに関する話も多いため、眺めているだけでも勉強になります。

3Dゲームファンのためのグラフィックス講座 2013年 記事一覧

 

・primitive: blog

Unityの中の人が運営しているブログで、GBufferやレイマーチングを用いた(GPU負荷がすごい)コードが色々と乗っています。
primitive: blog

・keijiro takahashi(GitHub)

こちらもUnityの中の人のページ(というかGitHub)ですが、信じられないほどコードが洗練されているため勉強になります。
keijiro takahashi(github)

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

(Required)

Proudly powered by WordPress   Premium Style Theme by www.gopiplus.com