[Unity]スクリプトから立方体を自動生成してみた

無題
Pocket

もろもろの事情でモデルを複数個並べたメッシュを作りたい時など、一々モデリングツールでメッシュを書き出すより、スクリプトで生成してしまいたい事が多々あります。

普通にAssetDatabase経由で保存すれば良いのですが、毎度同じコードを用意するのが面倒だったので、再利用しやすい形にまとめてみました。

 

無題

Asset内の右クリックメニューから追加できます

 

無題

同名のファイル(Cube)が存在した場合は、自動で被らないように名前が付けられる

 

無題

出力されたモデルは、普通にシーンへ配置できます。

 

呼び出し側

普通に立方体のメッシュを作り、SaveAssetメソッドを呼び出しています。

UnityではLinqのパフォーマンスが悪いそうなので、良い子の皆はこんなソースを書かないほうが良いかもしれません。

 

保存用メソッド

こっちが肝。

 

選択されているアセットから、フォルダ名を取得します。

ファイルが選択されていた場合は、上の階層のフォルダ名を取得。

 

System.IO.Pathクラスを用いてファイル名と拡張子をバラします。

 

ファイル名を生成し、存在しないファイル名になるまで繰り返します。

 

計算したパスを用いて、アセットを保存します。

 

全文

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

(Required)

Proudly powered by WordPress   Premium Style Theme by www.gopiplus.com