[Unity]4色のカラーパレットだけで画面を描画するポストエフェクトを作った

概要

画面を4色に切り落として表示するポストエフェクトを作りました。

前回の記事

[Unity]たった1個のスクリプトだけで画面解像度を下げる方法

と組み合わせることで、手軽にゲームボーイ風の画面を構築できます。

%e7%84%a1%e9%a1%8c
Read more…

[Unity]たった1個のスクリプトだけで画面解像度を下げる方法

Unityで画面解像度を下げようとすると、RenderTextureを使う方法と、Screen.SetResolutionを使う方法がまず思いつきます。

Screen.SetResolutionを使う方が簡単なのですが、ウィンドウサイズはそのままスクリーンサイズを変えたり、エッジをくっきり表示したり、といった応用が聞きません。

RenderTextureを使えばそういった要素を解決できますが、複数台のカメラを用意したり、カメラのCulling Maskを設定する必要があります。

毎回その環境を用意するのも大変だったので、1個のスクリプトをアタッチするだけで解像度を下げられるものを作ってみました。

 

%e7%84%a1%e9%a1%8c
Read more…

[Unity]立方体を大量に並べて遊んでみた

立方体を並べて遊んでいたら結構いい感じの絵が出たので、メイキングみたいな感じで書いていってみます。

最終的にこんな絵が出ます。

無題

出力

Read more…

[Unity]シェーダーについて勉強したい時に、まず見るべきサイトをまとめてみた

友人から、「シェーダーをやってみたいけど、どこから手を付けたら良いのかがわからない」と言われたので、

自分がシェーダーを勉強する際に参考にしたサイトをまとめてみました。

Read more…

[OpenGL]C#でglextの実装を自動生成するスクリプトを組んでみた

OpenGLでシェーダー等を使おうとすると、

のようなコードをペチペチ書いていく必要がありますが、かなり面倒くさいので自動生成するスクリプトを組んでみました。

生成されるコードはヘッダオンリーな上、全て読み込んでるため無駄も多いですが、
趣味で使う分にはこれでも十分な気がします。
必要があれば『ファイルに関数名を列挙し、指定されたファイルだけの実装を書き出す』と言った処理を入れましょう。

Read more…

[OpenGL]GLUT等を使わず、最短でOpenGLを初期化してみた

OpenGLやDirectXの初期化は面倒ですよね。
GLUT/DXUTやDirectXTK/SDLなどのライブラリを導入する場合は、初期化だけで一日が終わってしまうこともあります。

面倒だったので、使い回しの効く最小構成を作り、自分用にまとめてみました。
Read more…

[Unity]Unityでライフゲームを作ってみた

勉強がてら、Unityでライフゲームを作ってみました。

かなりシンプルなコードですが、眺めてるとなんとなく癒されます。

無題
Read more…

[Unity]鉛筆風シェーダーを作ってみた

鉛筆で描いたような、柔らかいタッチの出るポストエフェクトシェーダーを作ってみました。

無題

走る鉛筆風Unityちゃん

 

元画像(比較用)

元画像(比較用)

 

ざらつきの表現などに、前回の記事で書いたパーリンノイズを活用しています。
[Unity]シェーダー用の小回りが利く3次元ノイズ関数 | notargs.com

Read more…

[Unity]エディタ拡張にツリービューを表示する方法

Unityのエディタ拡張で、ツリー構造を表示するための仕組みを作ってみました。

ツリー構造も含めてGameObjectの詳細を表示させたい時や、ファイル/フォルダを管理するエディタ拡張などに活用できると思います。

 

動作イメージ

動作イメージ

Read more…

[Unity]エディタ拡張にメニューを表示する

Unityのエディタ拡張には標準でプルダウンメニューがありますが、要素が多すぎると見切れてしまったり、クリックする度に閉じられてしまうため検索機能との相性が悪かったりなど、不便なことが多々あります。

ほげ

Unity標準のプルダウンメニュー

 

不便を感じたため、EditorWindow用にメニューを表示するためのクラスを作ってみました。

マウスで要素を選べ、スクロールも問題なく行えます。

動作イメージ

動作イメージ

Read more…

Proudly powered by WordPress   Premium Style Theme by www.gopiplus.com